facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

これって英語で?「なるほど英語」

2018.2.6

「工夫する」って英語で?

    仕事の進め方を工夫する必要があるわね。

    コタエ:

    • devise
    • get creative
    • improve
    • think out

    解説

    「工夫する」とひとことで言っても、「創造性のある計画を考案する」、「建設的な解決策を考え出す」、「改良・改善する」、「熟慮して考え出す」など、状況によってさまざまな意味を持つことができるため、文脈によって様々な英単語で表現することができます。

     

    (1)devise

    方法や計画、解決策などを考え出す・考案する、という意味です。

    “Thanks to the plan you devised, we finished all of our deliveries in record time.”
    (あなたが工夫してくれたプランのおかげで、記録的な速さですべて配送することができたよ)

    ジェシカのセリフも以下のように表現できます。

    “We need to devise a creative way to move forward with this work.”
    (仕事の進め方を工夫する必要がある)

    同様の表現では ”come up with”“think up” などがあります。

     

    (2)get creative

    想像力を働かせて新しい方法や解決策を探す、という意味で使われるカジュアルな表現です。通常は時間やお金、手間などを省くための方法を考え出す際に多く使われます。

    “We’ll have to get creative if we want to finish cooking before guests arrive.”
    (ゲストが到着する前に調理を終わらせるには工夫が必要だ)

    ちなみに ”think outside of the box” も、同じ意味で使われる表現です。

     

    (3)improve / enhance

    性能や見栄えなどを改良・向上したり、質などを高めたりすることを意味します。

    “We are always improving our product line to stay ahead of our competitors.”
    (競合他社の一歩先を行くため、私たちは常に商品に対して工夫している)

     

    (4)think out

    結論を出すために考え抜く・熟考する、という意味です。起こりうるすべての状況や可能性について考えるときに使われます。

    “She’s really good at thinking out what problems we might encounter when launching a new app.”
    (彼女は新しいアプリのリリースに際して、どんな問題が起こりえるかを考えるのが得意だ)

    同様の意味として ”put a lot of thought into~” という表現もあります。

     

    [おまけ] “creative” と “innovative”

    創造性のある計画を考案する場合、その創造性は “creative” という単語で表されるのが一般的ですが、最近では ”creative” の代わりに ”innovative”(革新的な、創造力に富んだ)という言葉がよく使われるようになってきています。

    例えば、様々な産業や業界において新しく革新的な方法や考え方などを称賛するときに、以下のように表現されています。

    “His invention was the named the most innovative design of the year.”
    (彼の発明は、その年の最も革新的なデザインと称された)

    また名詞の “innovation” を使って、以下のように表現することもできます。

    “Nobody knows exactly what next great tech innovation will be.”
    (次の素晴らしい技術革新がどのようなものになるのか、誰にもはっきりとはわからない)

     

    Gabaマンツーマン英会話
Top