facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

映画で英語「シネマEnglish」

2013.2.6

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

Story

cinema211_1

インドのポンディシェリで動物園を経営していたパテル一家は、カナダ・モントリオールに移り住むことになる。16歳の少年パイと両親、多くの動物たちを乗せた貨物船は、航海中に嵐に見舞われ沈没してしまう。

ただ一人パイは救命ボートに逃れて一命を取り留めるが、何とそのボートにはリチャード・パーカーと名付けられたベンガルトラも身を潜めていた。

はたしてトラはパイの命を奪うのか、それとも希望を与えるのか。かくしてパイと一頭のトラとの227日間にも及ぶ太平洋上の漂流生活が始まった。

英語でトリビア

「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」は、少年パイがトラと共に漂流した日々を描いた作品。主人公のパイの名前はπ(円周率)に由来しています。今回はこの主人公の名前にちなんで “number”を使った英語表現をご紹介します。

“number”を使った英語表現

“do a number on something” ~を損なう

あるものを損なうことを意味する表現です。人に対しても使うことができますが、その場合、何らかの形でその人を騙していることを意味します。

例)Brianは父親の車に傷をつけてしまい、そのことについて兄のJakeと話しています。
Brian:Do you think we can get that fixed at the garage before dad gets back next week?
Jake:You’d better hope so. If he finds out you did a number on his car he’ll kill you!
Brian:来週お父さんが帰ってくるまでに、傷を修理工場で直せると思う?
Jake:そう願うしかないね。車を傷つけられたって知ったら、殺されるよ。
“have someone’s number” ~の本性を知っている

ある人物についての重要な情報を知っていることにより、その人についてより深く理解していることを意味する表現です。

例)Tonyは新任の営業部長について、同僚の Sheilaと話しています。
Tony:So what do you think of the new sales manager? He seems like a pretty tricky guy to me.
Sheila:No, don’t worry. I’ve got his number. It’s all just an act as he’s new.
Tony:新しい営業部長、どう思う?結構くせ者っぽいんだけど。
Sheila:大丈夫よ。本当はどんな人か知ってるから、私。そんなふうに振る舞ってるのは、うちに来てから間もないからよ。
“look after number one” 自分の利益を求める

“number one”は「自分自身」を意味します。他の人のことはあまり気にせず、自分の利益だけを守ろうとしていることを言う際に、この表現を使います。

例)昇進が見送られたMartinは、友人のPatrickと話しています。
Patrick:Bad luck buddy. Better luck next time.
Martin:Yeah, I think I was just too nice. I’m going to have to start looking after number one from now on.
Patrick:残念だったな。次は昇進できるよ、きっと。
Martin:ちょっと、人が良すぎたかも。これからは、自分本位でいこう。
“opposite number” 対等の人

競合する企業、組織、スポーツチームなどで、自分と同じポジションや地位にいる人を意味する表現です。

例)DenzelとRodneyはユニフォームに着替えています。二人は地元のライバルチームとのサッカーの試合に臨むところです。
Denzel:We beat these guys twice last year. They shouldn’t be any problem today.
Rodney:I’m not so sure. Your opposite number is supposed to be pretty good this year.
Denzel:ここには去年2回勝ってるから、今日も特に問題ないはず。
Rodney:そうかな。お前と同じポジションの奴が今年は結構調子いいみたいだから。
“one’s number is up” 年貢の納め時である

人が運を使い果たして、その人に災難が降りかかろうとしていることを意味する表現です。

例)RemyとLukeは最近遅刻が目立つ同僚について話をしています。
Remy:I really wish that guy would show up on time. It’s causing everyone problems.
Luke:Don’t worry, I overheard the boss talking about him the other day. It sounds like his number is up and he’ll be fired before the end of the year.
Remy:あいつが時間通りに来てくれるいいんだけどなあ。みんなに迷惑かけてるんだけど。
Luke:大丈夫。この前、うちの上司が話しているの小耳にはさんだんだけど、あいつもいよいよ年貢の納め時で、今年度中には解雇されるみたいだよ。

今回は“number”を使った表現をご紹介しましたが、数字そのものを使った表現も多くありますので、調べてみてはいかがですか?

作品情報


16歳の少年パイと一匹のベンガルドラの227日間にも及ぶ太漂流生活が描かれる本作。原作はカナダ人作家ヤン・マーテルが2001年に発表し、世界各国でベストセラーを記録、イギリスの権威あるブッカー賞に輝いた小説「パイの物語」。

『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー監督賞を受賞した名匠アン・リーの手によって映画化が実現した。主人公のパイを演じるのは、3000人の中から大役に選ばれた新星スラージ・シャルマ。

原作小説の壮大なスケール感はそのままに、かつて誰も目の当たりにしたことのない興奮と感動に満ちたサバイバル・ストーリーに仕上がっている。

タイトル ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
原題 LIFE OF PI
監督 アン・リー
出演 スラージ・シャルマ/イルファン・カーン/タブー/レイフ・スポール/ジェラール・ドパルデュー 他
配給 20世紀フォックス映画
公式サイト http://www.foxmovies.jp/lifeofpi/
無料体験レッスン
Top