facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

映画で英語「シネマEnglish」

2015.8.17

ピクセル

Introduction

日本からハリウッドへ。 
パックマン、ドンキーコング、ギャラガ、スペースインベーターが、昔懐かしい8ビットのゲーム音とともに、3Dになって暴れまくる!

1982年、NASAが宇宙人との交流を夢見て“人間”を…“地球”を…深く知ってもらうために地球のカルチャー紹介映像を宇宙に向けて発信した歴史的事実。それを受信した宇宙人が当時大流行していたゲームの映像を友好のメッセージではなく宣戦布告と誤解したら?という着想から生まれたのが映画『ピクセル』だ。エイリアンたちが巨大化したゲームキャラクターたちに姿を変え侵略を開始する、という奇想天外なストーリーを、壮大なスケールと斬新な映像で魅せつける『ピクセル』は、まったく新しい形のオモシロディザスター映画となった。

英語でトリビア

グアムのギャラガ、タージ・マハルのアルカノイド、ニューヨークのストリートをドリフトするパックマン、最終決戦のドンキーコングなど、日本が誇るゲームキャラたちをはじめ、80年代に世界中で大流行し、いまもレトロゲームとして人気を誇る実際のゲームキャラが20以上登場する「ピクセル」。
今回の英語表現は「ゲーム」にヒントを得て、そのまま“game”を使った英語表現を紹介します。

“game”を使った英語表現

“game face” 真剣な面持ち

まるで重要な試合や競技などにこれから参加するかのように真剣な表情を浮かべている人に対して使われる表現です。

例)Tonyと友人のMehmetがビリヤードをしています。
Tony: Wow! Good shot. You’ve got your game face on today. You really don’t want to lose again, do you?
Mehmet: Yeah, I’m definitely going to beat you this time.
Tony: うわ!いいショットだな。今日は気合入ってるな、お前。また負けるのはどうしても嫌なんだな?
Mehmet: ああ、今回は絶対お前に勝ってみせるぜ。
“mug’s game” おろかな企て

まったくうまくいく見込みがないことや利益をもたらす可能性がないことに取り組むことを表すフレーズです。

例)Chrisが母親のWendyとテレビを見ています。
Wendy: Quick, change the channel, they’re about to hold the lottery draw.
Chris: You’re still playing the lottery? You’ll never win, Mom. It’s a mug’s game.
Wendy: 早く、チャンネル回して。宝くじの抽選会やるんだから。
Chris: まだ宝くじなんて買ってるの?当たりっこないって、母さん。絶対儲からない愚かな行為だよ。
“beat someone at their own game” お株を奪う

得意としている分野や方法なので自分のほうが有利であると考えている相手に勝ることを意味する表現です。

例)Paulと同僚のDavidが値下げにより自分たちのシェアを奪った競合企業の話をしています。
Paul: We are really going to struggle to compete with them. Their prices are so low.
David: I think we should cut our prices even lower and beat them at their own game.
Paul: あそことの販売競争は本当に苦しくなりそうだな。値段をすごく下げてきた。
David: うちがさらに低価格にして、あいつらのお株を奪うべきだと思うよ。

関連表現のクイズはこちら

作品情報


タイトル ピクセル
原題 Pixels
監督 クリス・コロンバス
出演 アダム・サンドラー/ケヴィン・ジェームズ/ミシェル・モナハン/ピーター・ディンクレイジ/ジョシュ・ギャッド 他
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
公開情報 9月12日(土)ロードショー
公式サイト http://www.pixel-movie.jp/
Gabaマンツーマン英会話
Top