facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

映画で英語「シネマEnglish」

2016.1.4

オデッセイ

Introduction


©2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

宇宙飛行士の不屈のチャレンジに全米が拍手喝采。
社会現象的な熱狂を呼び起こし、オスカーレースに急浮上!

火星での探査ミッション中に事故に遭い、地球からはるか遠く離れた“赤い砂漠”にひとり取り残された宇宙飛行士マーク・ワトニー。NASAの全面協力のもと、彼の想像を絶する運命を描く『オデッセイ』は、全米チャート2週連続1位のロケットスタートを記録し、公開4、5週目にも異例の返り咲き1位を達成したサバイバル・アドベンチャー大作です。

英語でトリビア

火星探査のミッション中、不慮の事故により火星に取り残されてしまった宇宙飛行士が過酷な状況の中で地球に戻るまでを描いた「オデッセイ」。これまでの宇宙旅行の映画でも度々テーマになってきた「家(地球)への帰還」をヒントに、“home”を使った英語表現を紹介します。

“home”を使った英語表現

“strike/hit home” 胸に突き刺さる

人から言われた言葉などが的を射ていて、聞き手の心に響くことや、聞き手に大きな影響を与えることを意味する表現です。

例)DaisyとボーイフレンドのLincolnがDaisyの妹Tinaのことを話しています。
Daisy:I’m really happy that Tina is shopping less and saving more money recently.
Lincoln:Yeah, it seems like your conversation about spending too much really struck home.
Daisy:この頃Tinaが前ほど買い物しなくなって、お金を貯めるようになってよかったわ。
Lincoln:そうだね。無駄遣いしちゃいけないって君が話したのがすごく効いたみたいだよ。
“until the cows come home” いつまでも

ある行為を長時間にわたって続けることを言う際に使われる表現で、通常、不必要に長く非生産的であるという意味合いを含んで使われます。

例)Grantと同僚のLeoがミーティングをしています。
Grant:We can argue about this until the cows come home, but we’ll still have to find a supplier.
Leo:Yeah, you’re right. Let’s just pick a supplier for now, and worry about the rest later.
Grant:この件、いろいろ話し合ったら、永遠に続きそうだな。でも、どの業者にするか決めなきゃならないし。
Leo:ああ、その通りだ。とりあえず1社選んじゃって、細かいことは後で検討しようよ。
“(be) home free” うまくいきそうである

ある事柄をもう少しで達成しそうな状態であることを表すフレーズです。達成までの過程で最も困難な部分はすでに乗り越え、そこから先は容易であるという意味合いを含む表現です。

例)Leroyが姉のRuthに宿題のことで不満を言っています。
Leroy:This essay is so hard. I’ll never finish it.
Ruth:You’ve already written a lot, though! Just a few more paragraphs and you’re home free!
Leroy:この作文すごく大変。絶対に終わんないよ。
Ruth:でも、もうずいぶん書いてるじゃないか!あと2、3段落だけでしょ。もう終わりそうじゃない!

関連表現のクイズはこちら

作品情報



©2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

タイトル オデッセイ
原題 The Martian
監督・製作 リドリー・スコット
出演 マット・デイモン/ジェシカ・チャステイン/クリステン・ウィグ/ジェフ・ダニエルズ/マイケル・ペーニャ 他
配給 20世紀フォックス映画
公開情報 2016年2月5日(金) TOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー
3D限定前夜特別上映実施決定!(一部劇場を 除く)
公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/
Gabaマンツーマン英会話
Top