facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

動画で学習「G Style English」

2015.6.2

お怒りはごもっともですが…

キーフレーズがどのように使われているか、前後のシチュエーションも考慮して動画を見てみましょう。

今回注目したダイアログ

Tyler: I’m not sure we’ll be doing business with you again.
Mary: Well, I understand you must be feeling frustrated, but we can’t be held responsible for this.

Tyler: そちらとはもう取り引きしないかもな。
Mary: お怒りはごもっともですが、この件に関しましては弊社としても責任を負いかねます。

キーフレーズ

I understand you must be feeling frustrated, but we can’t be held responsible for this.
お怒りはごもっともですが、この件に関しましては弊社としても責任を負いかねます。

解説

起きてしまった問題の解決が難しいことを説明するとき、また、そのミスの責任を負うのは自分ではないと説明するときに使うフレーズです。大切なのは、まず相手が何か間違ったことをしたわけではないという理解を示すことです。

類似表現

I’m sorry for the trouble, but the matter was outside our control.

G Style English とは?

iOS 13リリースに伴うG Style English iPhoneアプリ不具合に関するお詫びと今後の方針について
2019年10月9日10:30時点

平素より「Gaba G Style English シチュエーション別英会話」iPhoneアプリをご利用いただき、ありがとうございます。

現在本アプリでは、iOS 13環境下でご使用いただく際に一部アプリが落ちて閲覧できなくなる問題が生じております。
※iOS 12以下の環境下では正常に動作しております。

ご利用いただいているユーザー様には、多大なるご迷惑をおかけいたしますこと、心より深くお詫び申し上げます。
現在、早急に修正の対応を進めておりますが、復旧・修正完了までにしばしお時間をいただきますため、誠に恐縮ながら今しばらくお待ちいただけますと幸いです。
復旧・修正を完了いたしましたら、本ページやApp Store内でお知らせいたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

「Gaba G Style English シチュエーション別英会話」は、Gabaマンツーマン英会話が提供する、英語学習者のための無料の英会話番組です。2006年にiTunes Storeでポッドキャスト番組としてスタートし、月間平均約600万ダウンロードを誇る人気英会話番組です。

そして多くのご要望にお応えし、2017年からYouTubeでも連載を開始。毎回様々なシチュエーションを取り上げ、ネイティブスピーカーによる自然な英会話をお届けしています。生きた英語表現だけでなく、状況に応じた様々な表現も学ぶことができます。YouTubeのコメント欄や「いいね」ボタンで、ぜひご感想やリクエストをお寄せください。

番組に登場するネイティブスピーカーは、すべてGabaマンツーマン英会話のインストラクター(講師)たち。厳しい基準をクリアした、経歴も出身国も多彩な英語のプロフェッショナルです。

ご自宅ではもちろん、移動中や出先のスキマ時間などに、ぜひお気軽にお楽しみください!

YouTubeチャンネルはこちら

ポッドキャスト(iTunes)はこちら

学習用のiPhoneアプリもチェック!

より効率的に英語学習を行うなら、番組と連携したiPhoneアプリ「Gaba G Style English シチュエーション別英会話」もおすすめです。

YouTubeチャンネルでご紹介した動画も、セリフごとに繰り返し再生できたり、英語や日本語の字幕を自由に設定できたりと、便利な機能が満載です。
こちらもぜひお試しください!

無料のiPhoneアプリはこちら

Gabaマンツーマン英会話
Top