facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

リスニングに「スターインタビュー」

2013.9.6

ルーニー・マーラ & ジュード・ロウ from 「サイド・エフェクト」

作品情報

鬼才スティーヴン・ソダーバーグ監督最後の作品は、ヒッチコックに挑んだ心理サスペンス。

26歳のとき、『セックスと嘘とビデオテープ』で史上最年少パルムドールを受賞、11年後の2000年『トラフィック』でアカデミー賞監督賞を受賞、そして翌年『オーシャンズ11』で世界中でその名を知らしめたスティーヴン・ソダーバーグ。そして引退を明言した彼が最後に選んだのは、ヒッチコックへの挑戦状だった。

『セックスと嘘とビデオテープ』を思わせる欺瞞(ぎまん)と嘘に包まれた繊細な心理描写、『トラフィック』を思わせる薬に頼りすぎた現代社会へのアンチテーゼ。『コンテイジョン』のスコット・Z・バーンズのスリリングな脚本。 そして最後を飾るにふさわしい、ソダーバーグファミリーのジュード・ロウ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタムという豪華キャスト。さらに、ソダーバーグ作品初参加の今ハリウッドで最も注目される若手女優ルーニー・マーラ(『ドラゴン・タトゥーの女』)という実力派スターが顔をそろえた。ひねりの効いた筋立てと、圧倒的な緊張感を与える描写が“ヒッチコックの現代版”と評され、第63回ベルリン国際映画祭コンペティション部門で上映され、世界中の評論家たちから大絶賛された作品。

タイトル サイド・エフェクト
監督 スティーヴン・ソダーバーグ
出演 ジュード・ロウ/ルーニー・マーラ/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/チャニング・テイタム 他
配給 プレシディオ
公開情報 9月6日(金)より、TOHOシネマズみゆき座他全国ロードショー
【R15+】
公式サイト http://www.side-effects.jp/

スターの英語を聞き取ってみよう!

単に精神科医と患者だけのストーリーではなく、サスペンスへとつながり観るものをさらに引き込む本作品「サイド・エフェクト」。主演の二人、ジュード・ロウとルーニー・マーラのインタビューから、監督スティーヴン・ソダーバーグについての部分に着目しました。スティーヴンに関する二人の描写を聞き取ってみましょう。また、ジュード・ロウの言う最終的に「使われなかったシーン」とは、どのようなシーンでしょうか。

EnglishAnswer
Rooney Mara: I was never that aware of it, I think he’s, yeah, he’s…
Jude Law: No, nor was I, he does it very ******.
Rooney Mara: Yeah, that’s sort of… Steven’s very, um, he keeps his cards very close to the chest. He doesn’t, he doesn’t do a lot of explaining…
Jude Law: He’s kind of effortlessly brilliant, isn’t he?
Rooney Mara: Yeah.
Jude Law: I mean, he’s kind of annoying really…
Rooney Mara: Yeah.
Jude Law: ’cause… ’cause… he talked about, he talked to us in New York about how he—and we were aware of this—he talked about how he would try and use as few shots as possible to, to convey the story, right. So he was assessing really *********** scenes sometimes and analyzing as a, as a director, as a(n) editor, and as a *************** how to convey those scenes, which often involved multiple characters, quickly and efficiently. And that sometimes meant either a *****-** on a hand or a cup or a foot, and when you watch the film, everything we shot—obviously bar, you know, a little bit—is in (it), and… yet you don’t feel like… he doesn’t demonstrate that effort.
Rooney Mara: A lot of the stuff I shot wasn’t in (it).
Jude Law: Oh, really. Actually, there was one close-up—my character wore really great socks, and I was so hoping…
Rooney Mara: To get the socks in there.
Jude Law: There was one shot when he, he did this *** ****, and I was like, yup, great, finally going to get my socks in, but they’re not in the film.
Rooney Mara: I was never that aware of it, I think he’s, yeah, he’s…
Jude Law: No, nor was I, he does it very subtly.
Rooney Mara: Yeah, that’s sort of… Steven’s very, um, he keeps his cards very close to the chest. He doesn’t, he doesn’t do a lot of explaining…
Jude Law: He’s kind of effortlessly brilliant, isn’t he?
Rooney Mara: Yeah.
Jude Law: I mean, he’s kind of annoying really…
Rooney Mara: Yeah.
Jude Law: ’cause… ’cause… he talked about, he talked to us in New York about how he—and we were aware of this—he talked about how he would try and use as few shots as possible to, to convey the story, right. So he was assessing really complicated scenes sometimes and analyzing as a, as a director, as a(n) editor, and as a cinematographer how to convey those scenes, which often involved multiple characters, quickly and efficiently. And that sometimes meant either a close-up on a hand or a cup or a foot, and when you watch the film, everything we shot—obviously bar, you know, a little bit—is in (it), and… yet you don’t feel like… he doesn’t demonstrate that effort.
Rooney Mara: A lot of the stuff I shot wasn’t in (it).
Jude Law: Oh, really. Actually, there was one close-up—my character wore really great socks, and I was so hoping…
Rooney Mara: To get the socks in there.
Jude Law: There was one shot when he, he did this low shot, and I was like, yup, great, finally going to get my socks in, but they’re not in the film.

解説

ジュードは、スティーヴン監督は、「撮影前にどんなシーンが必要なのか細かく分析して、必要最低限の撮影を行う」人といっています。ディレクター、編集者、カメラマンなどのあらゆる視点を持っていると話しています。また、ジュード・ロウの履いていた素敵な靴下を本編で見ることができないのはとても残念ですね。

“keep/play (one’s) cards close to the chest” 手の内を見せない

文字通りの意味は、「(手持ちのカードが他の人に見えないように)トランプを自分の胸にくっつけて持つ」ですが、まさにその行為が示すように用心深い様子や意図を隠し、手の内を明かさないことを意味する表現です。
例)
He keeps his cards close to the chest. I never know what he’s going to do next.
彼は本心を見せない。次に何をするつもりなのかさっぱりわからない。

“(to be) effortlessly brilliant” 無理や苦労なく優れている様子

華々しく、優れている様子が自然であり無理がないこと、また努力や苦労の影がないことを表す表現です。
例)
The star ballerina’s dancing was effortlessly brilliant.
主役のバレリーナは、いともたやすく素晴らしい踊りを見せた。

字幕付きの動画でリスニングの練習をしよう

ルーニー・マーラ & ジュード・ロウ Part.1

ルーニー・マーラ & ジュード・ロウ Part.2

ルーニー・マーラ & ジュード・ロウ Part.3

Gabaマンツーマン英会話
Top