facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

リスニングに「スターインタビュー」

2014.7.8

ホアキン・フェニックス from 「her/世界でひとつの彼女」

作品情報

本年度アカデミー賞®脚本賞受賞!スパイク・ジョーンズ最新作。
ありえないはずの“一人とひとつ”の恋は、奇跡の展開へ―!
映画で感じたことないほどの愛しさと切なさ。観たことないラブストーリー。

アカデミー賞®監督賞ノミネートのデビュー作『マルコヴィッチの穴』、ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作『アダプテーション』など、常に革新的と評され時代を独特な視点で描きだすその作家性が高く評価されてきた映画監督スパイク・ジョーンズ。『かいじゅうたちのいるところ』以来4年ぶりの長編新作となる本作では、AI(人工知能)との恋という現代的な設定を捉えつつも、普遍的な恋する気持ちをエモーショナルに紡ぎ、正面から愛について向き合った。スパイク・ジョーンズにしか描けない鋭い時代性を持ちながら、いままでの作品とは一線を画す普遍性を持ち合わせた王道のラブストーリー。スパイク・ジョーンズは、本作で初の単独脚本を手がけアカデミー賞®脚本賞を受賞した。

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)と別れ傷心の彼はある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。次第にセオドアは“彼女”と一緒に過ごす時間を誰といるより幸せに感じるようになり、“彼女”に魅了されていく―

タイトル her/世界でひとつの彼女
原題 her
監督・脚本 スパイク・ジョーンズ
出演 ホアキン・フェニックス/エイミー・アダムス/ルーニー・マーラ/オリヴィア・ワイルド/スカーレット・ヨハンソン 他
配給 アスミック・エース
公開情報 6月28日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト http://her.asmik-ace.co.jp/

スターの英語を聞き取ってみよう!

人間以上に人間らしく、セクシーで、純真で、ユーモラスで、ちょっと感情的なAI(人工知能)のサマンサと、彼女に触れることのできないセオドアとの間にある恋の試練を描いた「her/世界でひとつの彼女」。前妻と別れ失意のどん底にいたセオドアを、人工知能のサマンサは彼に何をもたらしたでしょうか。聞き取ってみましょう。

EnglishAnswer
I believe, Theodore is somebody that, when we meet him, is in a forced, uh, self-imposed isolation. He just doesn’t really know who he is anymore. So much of his identity was wrapped up in his marriage, in his relationship, and it’s something that was so important to him. And when that *********, he has this feeling that he is not connected to the world in any way. He can’t even connect to his friends and, and um so he feels ********. And Samantha, because of her own desire to, her own appetite for, um, learning about the world and about emotion and about experience, reignites his passion for the world. Because he is somebody that was very curious and playful and excited and full of love. And so she really helps him to find himself again, find the Theodore that he was. What do you say in the film? Not the…not the, I miss Theodore, not the *****, miserable Theodore, but the fun, you know. And that’s really, what I think, what Samantha helps him to rediscover.
I believe, Theodore is somebody that, when we meet him, is in a forced, uh, self-imposed isolation. He just doesn’t really know who he is anymore. So much of his identity was wrapped up in his marriage, in his relationship, and it’s something that was so important to him. And when that dissolves, he has this feeling that he is not connected to the world in any way. He can’t even connect to his friends and, and um so he feels isolated. And Samantha, because of her own desire to, her own appetite for, um, learning about the world and about emotion and about experience, reignites his passion for the world. Because he is somebody that was very curious and playful and excited and full of love. And so she really helps him to find himself again, find the Theodore that he was. What do you say in the film? Not the…not the, I miss Theodore, not the mopey, miserable Theodore, but the fun, you know. And that’s really, what I think, what Samantha helps him to rediscover.

解説

孤立感をいだいていたセオドアに対し、サマンサという人工知能が「知りたい、学びたい」という欲望を持っていたことで、彼が世界に対しての情熱を再び持てるような人に戻ること、つまり、昔のセオドアのような人に戻る手助けを行った、と話していますね。

“wrapped up in (something)” ~に没頭している

あることに夢中になっている様子や深く関わっている様子、あるいは縛られている様子を意味する表現です。
例)
I never saw my father as a child because he was wrapped up in his work.
私が子どもの頃、仕事に没頭していた父の姿を見かけることは全くなかった。

“find (oneself)” 自分の能力を知る

自己を見つめ、自分の才能や進む道を発見することを意味する表現です。
例)
After college I went on a long trip around the world to find myself.
大学卒業後、私は自分探しをするために世界一周旅行に出た。

字幕付きの動画でリスニングの練習をしよう

ホアキン・フェニックス Part 1

ホアキン・フェニックス Part 2

ホアキン・フェニックス Part 3

Gabaマンツーマン英会話
Top