facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

Gaba Styleユーザー限定プレゼント

2015.12.28

【解答公開】「ブラック・スキャンダル」ペーパーバック(洋書)≪応募終了≫

プレゼント情報

あのジョニー・デップがはげた凶悪犯!その兄弟役にベネディクト・カンバーバッチ!そんなユニークかつ豪華な配役に目が行きがちですが、実は本作品は実話に基づいた物語り。このジョニー・デップ扮する凶悪犯ジェームズ・ジョセフ・バルジャーは実在する人物で、当時は200万ドルの懸賞金がかけられ、逮捕後の収容先は一切明かされていないという超のつくほどの悪人だったようです。今回は、そんな実話をもとに作られた本作「ブラック・スキャンダル」のペーパーバック(洋書)を3名様にプレゼントいたします。

タイトル Black Mass: Whitey Bulger, the FBI, and a Devil’s Deal
著者 Dick Lehr/Gerard O’Neill

当選人数:3名様

※応募受付は終了いたしました。

※発表は発送を持って代えさせていただきます。

クイズ

ボストンが舞台となったこのストーリーからヒントを得て、主にボストンで使われている英語表現からのクイズです。

問題
You’re staying up late, writing a report at Charles River Library. Your friend wants you to go to the corner store to get some coffee, but you’re too tired and you don’t want to go. What can you say?

あなたはチャールズリバー図書館で夜遅くまでレポートを書いています。あなたの友人はあなたに売店に行ってコーヒーを買ってきてもらいたいと思っていますが、あなたは疲れていて買いに行きたくありません。この場面であなたが言うセリフとして最もふさわしいものは次のうちどれでしょうか?

  • A. You’re still there? I’ll just bang a youie and meet you at the shop.
  • B. Why don’t you just go to the bubbler and get some coffee there?
  • C. Really? I’m wicked tired. Just go get coffee on your own.

コタエ: C. Really? I’m wicked tired. Just go get coffee on your own.

解説

Aは「まだそこにいたんだ?車Uターンさせて店で落ち合うよ」という意味で、図書館でレポートを書いているという状況に合いません。Bは「水飲み器の所まで行って、コーヒーでも飲めばいいじゃん」という意味ですが、水飲み器ではコーヒーは飲めないのでこれも不可。正解は「うそだろ?超疲れてるんだけど。自分で行ってくれよ」という意味のCです。

この英語表現を紹介したシネマEnglish

ストーリー

暴かれる、FBI史上もっとも黒い闇。

アメリカ・ボストンで生まれ、幼なじみとして育った3人の男たち。1970年代、固い友情で結ばれた彼らはギャングのボス、FBI捜査官、有力政治家として、大きな権力を握るようになる。しかしこの絆はやがて、アメリカの正義の根幹を揺るがす大事件へと変貌する…
マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリーは、イタリア系マフィアと抗争をくり広げるギャングのボス、バルジャーに敵の情報を売るよう話を持ちかける。FBIと密約を交わし、情報屋の立場を悪用して敵対する組織を壊滅に追いやるジミー。出世欲の強いコノリーと、名声を望む政治家のビリーもまた、彼と手を組み権力の座を駆け上がっていく。3人の利害が一致したのだ。
欲望と権力にまみれ、狂気を加速させる悪党たちは、どこまで腐りきっていくのか──? ギャング、FBI、政治家が手を組んだ、アメリカ史上最悪の汚職事件=スキャンダルがいま暴かれる!

作品情報

タイトル ブラック・スキャンダル
原題 Black Mass
監督・製作 スコット・クーパー
出演 ジョニー・デップ/ジョエル・エドガートン/ベネディクト・カンバーバッチ/ロリー・コクレイン/ジェシー・プレモンス/デイビッド・ハーバー/ダコタ・ジョンソン 他
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開情報 2016年1月30日(土)より全国ロードショー
公式サイト https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass/
Gabaマンツーマン英会話
Top