facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

これって英語で?「なるほど英語」

2018.4.3

「目的」って英語で?

    明確な目的のないミーティングほど無駄なものはないわね。

    コタエ:

    • purpose
    • goal
    • target
    • objective

    解説

    (1)purpose

    あることを行う意図や理由、またはものの存在意義や使用の用途などを意味します。この表現は、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面で使うことができます。

    “The purpose of the meeting is to discuss the budget for this year.”
    (この会議の目的は、今年の予算について話し合うことです)

    ジェシカのセリフも以下のように表現できます。

    “Nothing is a bigger waste of time than a meeting without a clear purpose.“
    (明確な目的のないミーティングほど無駄なものはない)

    なお “purpose” は、目的達成への決心や決意、あるいは生きる(存在する)理由、という意味でも使うことができます。

    “Everyone has a purpose in life.”
    (人は誰もが生きがいを持っている)

     

    (2)goal

    達成すべき目標や、大きな最終ターゲットのことを意味します。通常は、野心を持っていたり、努力をしたりすることで達成される目的について表現するときに使われます。

    “Hard work will help you achieve your goals.”
    (懸命な努力はきっと目的の達成を助けるだろう)

    なお “goal” は、実在する場所を表して「目的地、行き先」という意味でも使われます。

     

    (3)target

    主にビジネスやフォーマルな場面で、具体的で明確な目標や目的について表すときに使われます。例えば、“sales target”(売上目標)や、“growth target”(成長目標)などの表現で使うことができます。

    “We’ll need to pick up the pace if we want to make sales targets this month.”
    (今月の売り上げ目標を達成するためには、ペースを上げる必要がある)

     

    (4)objective

    成し遂げるための目標や、達成しようと努力する目標・目的のことを意味するフォーマルな表現です。”goal” と似ていますが、”objective” は ”goal” に比べ、より具体的で時間的に近く、評価しやすい目的や目標のことを表すときに使われます。

    ビジネスの場面では、例えば人やシステムなどが、与えられた資金や要員、時間の中で成し遂げようとする目的について話すときに使われます。

    “This year’s objectives seem even more ambitious than last year’s.”
    (今年の目標は昨年にも増して壮大なものに思える)

    Gabaマンツーマン英会話
Top