facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

意外と知らない「英単語の正しい使い分け」

2018.5.24

「気づく」を表す ″notice″・″realize″・″recognize″ の違いって?

“notice” や “realize”、”recognize” など、英語には「気づく」を意味するさまざまな表現があります。今回はこれら3つの英単語にフォーカスして、意味やニュアンスの違いについて確認してみましょう!

  • notice:「五感」で感じて、気づく
  • realize:頭の中で考えて、気づく
  • recognize:見覚えがあると、気づく

notice

“notice” は、見たり、触ったり、匂いを感じたりなど、「五感で」感じて気づくという意味を表します。

Did you dye your hair? – Yes! Thanks for noticing.
髪の毛染めた?-うん!気づいてくれてありがとう。
You were so quiet that I didn’t even notice you had arrived.
すごく静かだから、君が着いていたことに気づきもしなかったよ。
He was upset that I didn’t notice his new shirt.
新しいシャツに私が気づかなかったので、彼は不機嫌になった。

realize

“realize” は、ある事実などに対して、頭の中で考えて気づくこと・理解することや、頭のなかを通して自覚することを表します。

I realized I had left my keys on the table.
私はテーブルに鍵を置き忘れてきたことに気づいた。
Sorry, I didn’t realize you were so busy.
ごめん、君がそんな忙しいことに気づかなくって。
As I was leaving the test, I realized I had forgotten to answer the last question.
テストを終わらせるときに、最終問題を解き忘れたことに気づいた。

recognize

“recognize” は、以前に出会ったり、見たり、聞いたりしたことがあるものに気づくこと、見覚えがあると気づくことを表します。

Do you recognize this purse?
このハンドバッグ見覚えある?
I would recognize that hat anywhere!
その帽子ならどこでも気がつくだろうな!
I didn’t recognize you without your glasses.
君が眼鏡をかけていなかったから、君だと気づかなかったよ。
Gabaマンツーマン英会話
Top