facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

会話を学ぶ「英会話講座」

2012.12.28

間違った相手をCcに入れてしまう

<Bobは上司に間違ってメールを送ってしまったようです>

English
Matt: Hey Bob, what’s wrong? You don’t look too happy.
Bob: I’m not… I feel terrible.
Matt: What happened, did you tie one on last night?
Bob: No, nothing like that, I think I just did something really stupid.
Matt: What are you talking about?
Bob: I was sending an email to my coworker, Tom… it was a personal note about my manager Frank.
Matt: Yeah, so?
Bob: I think I Cc’d Frank in.
Matt: You’re kidding! How “personal” was it?
Bob: It was pretty mean. I said he wasn’t a very good manager and… well, it was very critical.
Matt: Ouch. You should’ve known better.
Bob: I know, I really wish I hadn’t done that.
Matt: Well, maybe Frank won’t notice it.
Bob: Are you kidding? He checks his email like every five minutes! He’s probably reading it right now!

キーフレーズ

“tie one on” 飲みすぎる

お酒を飲みすぎることを表わすカジュアルな表現です。

例)Nicoleは昨晩ずいぶんと飲み過ぎてしまったようです。
Ronald: How are you feeling today? You really tied one on last night!
Nicole: I’m a little hung over, but I’ll be fine after a cup of coffee.
Ronald: 今日の気分はどうだい?昨日は随分と酔っていたよね!
Nicole: ちょっと二日酔いだけど、コーヒーを何杯か飲んだら大丈夫よ。
“personal note” 個人的なメモ

他の人に読んでもらうために書いたものではない、個人的な意見を書いたメモのことを表わします。

例)John はAbbyが受け取った手紙の内容が気になるようでうす。
John: What does Buford have to say?
Abby: None of your business, it’s a personal note.
John: Bufordは何て?
Abby: あなたに関係ないでしょ、個人的なものなんだから。
“Cc (someone) in” CCに入れる

メールのCCに入れることを表わします。またCCは“carbon copy”の略語です。

例)Kaylaはパーティの事をまったく知らなかったようです。
Kayla: Why weren’t you at my party last night? I know I Cc’d you in when I sent the invitation.
Kevin: Sorry, I haven’t checked my email in days.
Kayla: なんで私のパーティに来なかったの?招待状を送った時にCcに入れたのよ。
Kevin: ゴメン、しばらくメールをチェックしていなかったんだ。
“should’ve known better” 気をつけた方が良いよ

「よく知っておくべきだ」という意味になりますが、誰かがバカバカしい間違いをした時に注意する意味を込めて使います。

例)ちょっとしたアクシデントに見舞われました。
Denise: You should’ve known better than to pet a stray dog.
Ben: Well, I didn’t think he would bite me!
Denise: 野良犬をペットにするは気をつけた方がいいよ。
Ben: まあ、彼が噛むとは思っていなかったんだ。

無料体験レッスン
Top