facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

会話を学ぶ「英会話講座」

2015.12.2

パーティを企画する

<PhilippとルームメイトのTrevorが、もうすぐやって来る休暇について話しています。>

English
Philipp:So, do you have any plans for New Year’s?
Trevor:You know, it’s funny you should ask. I was actually just about to suggest we host a New Year’s party at our place his year.
Philipp:Here? Hmm… do you really think that’s a good idea?
Trevor:Why not?
Philipp:Well, our neighbors are pretty sensitive to noise… I wouldn’t put it past them to complain to the landlord.
Trevor:I think if we warn them right off the bat that we’re going to have a party, it should be fine.
Philipp:That’s not a bad idea, actually.
Trevor:How many people do you think we could invite?
Philipp:The apartment is quite small, so maybe just a small group of friends would be best.
Trevor:OK. I’ll ask Janet, Mike and Verena tomorrow.
Philipp:Make sure you tell them it’s a small, private party! If word gets out, everybody’s going to want to come.

キーフレーズ

“funny you should (ask that/say that/mention that)” 奇遇ですね

相手が話題にしたことについて自分もちょうど話そうと思っていた場合や、その話題がたまたま自分にとって関わりの深い内容である場合などに使われる表現です。この“funny”は「奇妙な、偶然一致した」といった意味合いで使われています。相手が偶然その話題を選んだことがとても興味深い偶然の一致であるという話し手の気持ちを表しているフレーズです。

例)最近友だちになったJessicaとLizが話しています。
Jessica:I’ve always wanted to try skydiving, but I just don’t think I’d have the courage.
Liz:Funny you should mention that – did I ever tell you I used to be a professional skydiver?
Jessica:ずっとスカイダイビングをやってみたいなって思ってるんだけど、やる勇気が持てるとはとても思えないわ。
Liz:あら、奇遇だわ。私、プロのスカイダイバーやってたって言ったことあったっけ?
“would not put it past (someone) to (do something)” ~なら…しかねない

話題にしている人物がある特定の行為をしても不思議はないと感じていることを言う際に使われる表現で、通常は好ましくない行為について使われます。

例)LeslieとPatが最近ある有名企業への就職が決まった大学時代の友人の話をしています。
Leslie:Wow, he must really have changed a lot since college. He used to be so lazy!
Pat:I don’t know, he’s never seemed very trustworthy to me. I wouldn’t put it past him to lie on his résumé or something like that.
Leslie:すごいわね、あの人大学時代と比べるとすごく変わったんだわ。昔はあんなにぐうたらだったのに。
Pat:どうかな、俺にとっては絶対に信用できないやつだったからな。あいつなら履歴書にうそを書いたりしかねないよ。
“(right/straight) off the bat” 直ちに/最初から

“right away”(直ちに)や“from the start”(最初から)と同じ意味で使われるフレーズで、野球でバットにボールが当たるとバッターが直ちに一塁に向かうことに由来する表現です。

例)小説を書き終えた作家のFredが編集者のAnitaに感想を求めています。
Fred:So, what did you think?
Anita:Right off the bat, let me tell you that this is one of the most captivating stories I’ve ever read.
Fred:それで、どう思う?
Anita:まず言わせてもらいたいのは、これは今まで読んだうちで最も心を奪われた話の一つだってことだわ。
“(the) word (is/gets) out” 広く知れ渡る

ある情報が多くの人に知られるようになることを言い表すフレーズで、特にそれまで秘密にされていたことや、変化などを引き起こすような情報について使われます。

例)Annaは最近、親友のKarenが自分の元彼Rayとこっそり付き合っているといううわさを耳にしました。
Anna:Word’s out that you and Ray are dating! How could you keep this from me?
Karen:Wait, what? I swear that’s just a false rumor!
Anna:あなたがRayと付き合ってるって、うわさなんだけど!どうして私に黙ってたのよ?
Karen:ちょっと待って?ただのデマよ、本当だってば!

Gabaマンツーマン英会話
Top