facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

会話を学ぶ「英会話講座」

2016.9.20

恋愛関係の話

<Lisaと友人のMarkがダイナーで恋愛関係の話をしています。>

English
Lisa: Anyway, how’s your love life, Mark?
Mark: Not great. Rachel broke up with me.
Lisa: Get out of town! I thought you two were really good together.
Mark: So did I! I guess things change.
Lisa: Ouch. I’m sorry to hear that.
Mark: Yeah… You know, she told me she wanted to break it off the day after my birthday.
Lisa: That’s terrible. Maybe she thought it would soften the blow?
Mark: I guess. Anyway, I think I just need to meet someone new. Do you think you could put in a good word with Emily?
Lisa: My neighbor Emily? Actually, I think she has a boyfriend…

キーフレーズ

“get out of town”  信じられない

この表現は疑念や信じられないことを表すフレーズで、“I can’t believe it!”と同じような意味でよく使われます。

例)Simonとその友人のMelissaはWindow Cleanersというバンドの大ファンです。
Simon: Did you hear? The Window Cleaners announced a concert in our area.
Melissa: Get out of town! Let’s get tickets as soon as possible!
Simon: 聞いた?Window Cleanersが僕らの地方でコンサートやるって発表したんだって。
Melissa: 信じられないわ!なるべく早くチケット取らないと!
“break it off” 関係を終わらせる

これは恋愛関係などを解消することを意味するカジュアルな表現です。“break off”自体は「(会話などを)急にやめる」や「~をちぎり取る」といった他の意味にもなりますが、“it”を使った“break it off”といった場合、通常は関係を解消して別れることを意味することになります。

例)ShioriがBrianに共通の友人の結婚式のことで何か尋ねています。
Shiori: Do you have the address to Mike and Cam’s wedding? I lost my invitation.
Brian: Didn’t you hear? They decided to break it off at the last minute.
Shiori: MikeとCamの結婚式の場所わかる?招待状なくしちゃった。
Brian: 聞いてないの?土壇場で破談になったんだよ、あいつら。
“(soften / cushion) the blow” 痛手を和らげる

この表現は困難な経験などの不快感を軽減したり、好ましくない状況を受け入れやすくすることを意味します。ここで使われている“blow”は特定の出来事や発言などが人に与える影響や衝撃などを意味し、多くの場合、物理的なものではなく精神的、心理的な影響に対して使われます。
例えば相手を批判しなければならないとき、前後に肯定的な発言を挟むことによって、その批判を和らげようとするような状況に対して使うことができる表現です。

例)Alexisが所有しているクラシックカーは、最近来た台風で倒れた木によって大破してしまいました。そんなAlexisに友人のManuが話しかけています。
Manu: I heard about your car… Are you okay?
Alexis: I guess so. The insurance money softened the blow, but I worked really hard on that car.
Manu: 聞いたわ、車のこと… 立ち直れそう?
Alexis: たぶん。保険が下りるのがせめてもの慰めだけど、本当に一生懸命手入れしてたんだよね、あの車。

“put in a good word” 口添えする

この表現はある人に関して肯定的な意見を述べることを意味し、特に特定の役割や仕事などにその人を推すような場面でよく使われます。例えば、ある会社の求人に応募してきた人について、すでにその会社で勤めている知人が採用担当者に肯定的な評価を伝えるといった状況で使うことができます。

例)Marvinは友人Valerieが勤める会社の求人に応募するつもりです。
Marvin: I’m going to submit my resume! Wish me luck.
Valerie: Oh, you’d be perfect for the job! I’ll put in a good word for you with my boss.
Marvin: 履歴書送ってみるよ。採用されるように祈ってて。
Valerie: まあ、あなたにうってつけの仕事よ!上司にあなたのことアピールしといてあげるわ。

無料体験レッスン
Top