facebookTwitterGabaマンツーマン英会話

Gaba Style 無料で英語学習

ナチュラルな英会話に「使いこなす句動詞」

2017.8.16

get up

こちらのコーナーでは、動詞+副詞 または 動詞+(副詞)+前置詞 によって構成され、特別な意味を生じる「句動詞」について解説します。 それぞれの句動詞が持つ意味やニュアンスをしっかりと理解して、よりナチュラルな英語表現を目指しましょう!

(1)立ち上がる

“get up” には「立ち上がる」という意味があります。

Everyone got up when the CEO entered the room.
最高経営責任者が部屋に入って来たとき、全員立ち上がった。
Sorry, could you get up for a second? We need to move your chair.
ごめん、ちょっと立ち上がってくれる?君の椅子の位置を動かさないといけなくてさ。
The runner tripped, but quickly got up again.
走者はつまずいて転んだが、すぐにまた立ち上がった。
I wanted to say something, but everyone was already getting up to leave.
言いたいことがあったけれど、もうみんな立ち上がって出て行こうとしていた。

(2)起床する

“get up” には「起きる、起床する」という意味があります。

[Jackieが、息子のOliverを起こして学校に行く支度をさせようとしている]

Jackie:
Oliver! Get up! It’s time to go to school.
Oliver:
But I’m too tired to get up.
Jackie:
Come on! Get up and eat your breakfast.
Jackie:
Oliver!起きて!学校に行く時間よ。
Oliver:
でも疲れてて起きられないよ。
Jackie:
ほら!起きて朝ごはんを食べなさい。

(3)登る

“get up” には「~に登る、上る」という意味もあります。

It took five hours to get up the mountain.
その山に登るのに5時間かかった。
I tried climbing the fence, but I couldn’t get up.
フェンスに上ろうとしたが、上れなかった。
She got up on the bed and started jumping.
彼女はベッドの上に上がり、跳びはね始めた。

(4)良からぬことをする

“get up to” には、例えば悪戯や問題のあることなど、通常何かしら良からぬことを「する」という意味があります。

The kids got up to trouble while their parents were away.
その子供たちは、親達が留守の間に問題を起こした。
I used to get up to all sorts of mischief when I was in middle school.
中学時代、私はありとあらゆる悪戯をしたものだ。

Learn more

質問文で “get up to” を使う場合、特に上記の「よからぬことをする」という含みを持つことなく、純粋に「何をするの?」という予定を尋ねる表現としても使われます。

[Patが友達のAbidと話している]

Pat:
So, what are you getting up to tonight?
Abid:
Not sure yet. What about you?
Pat:
今夜は何すんの?
Abid:
まだ決めてない。お前は?
無料体験レッスン
Top